macとiOSで便利でデータの同期が可能なTwitterアプリ、Tweetbotの紹介

インターネットが多様化されており自宅や仕事場のパソコン環境だけでなく、外なのどのモバイル環境など挙げられます。Twitterも環境も当然多様化しており読んでもどこまで読んでいたかわからなくなってくる事があります。そこでTwitterアプリのTweetbotを紹介します。

Tweetbot

TweetbotはMacとiOSの両方で使用する事ができます。データの同期はiCloudを使用してデータを同期売る事ができるのでapple製品を使用している人は同期が意識せずにできるのが嬉しい点です。
私の場合、Twitterを途中まで電車の中で読んでその続きをパソコンで読むときにどこまで読んだかわからなくなってしまう事が多々ありました。
正確にはTwitterの使い方自体を理解していないのが根本にあるかもしれませんが、例えばAmazonの公式ページやスターバックスの公式ページをフォロー(登録?)して新商品などの情報を得る事に使用してます。
そのため、情報をどこまで読んだかのブックマーク的な機能が欲しいと思いっていました。
そこで出会ったのがTweetbotで有料アプリで課金が必要ですが私の環境の自宅でMacBookProや仕事場のiMac、寝床のiPad、携帯のiPhoneの環境では統一して情報(記事)を読む事ができます。

まとめ

アプリをダウンロードして画面お指示に従ってTwiterのログインする事によってすぐに使用する事ができます。
Appleユーザーにとって色々な環境下でデータを同期できるので何も考えずアプリをインストールすれば全ての環境で同じ状態に保つ事が可能になるので、とりあえずTwitterを使う試験的な使い方であれば公式アプリで十分ですが、私みたいな使い方をする人のとってこのアプリは痒いところのに手がとどくアプリと思います。
最新情報をチェックしよう!