故障紛失サポート with AppleCare Servicves & iCloudストレージ

auでiPhone11発売記念イベントで発表

発表内容

2019年9月20日、iPhone11、Phone11 pro、Phone11 pro maxを記念して朝の7:35頃、auより本日(9/20)より故障紛失サポート with AppleCare Servicves & iCloudストレージのサービス開始の報告がありました。会見では”ずーっと(公式ホームページには4年間と記載されています。)iCloud50G無料サービス開始”を強調していました。それではその内容を報告します。

auホームページでの告知

auのホームページにその詳細が記載されていました。

内容は、

  • Apple公式の保証サービスAppleCare Servicesの製品保証を4年間提供。
  • 紛失盗難時にお電話一本で新品同等品を受け取れる補償もあわせて提供。
  • 更に、大切なデータを守る無料iCloudストレージ(50GB)を4年間提供。

というものです。

iPhomeで写真を撮影している人はすぐに容量が一杯になってしまうので、うれしいサービスです。

私も、iPhoneを予約していているので入ろうと思います。

故障紛失サポート with AppleCare Servicvesとは

料金は機種により違う金額が設定されていますが、appleの公式保証サービスが4年間受けることができます。(通常のapple careは2年間)通常の故障だけでなく、紛失もサーポートしてくれうれしいサービスです。

月額料

 
機種 料金
iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max / iPhone XS / iPhone XS Max / iPhone X 1,190円
iPhone 11 / iPhone XR / iPhone 8 Plus / iPhone 7 Plus / iPhone 6s Plus 890円
iPhone 8 / iPhone 7 / iPhone 6s 790円
iPhone SE 707円

詳細はこちら

交換や修理に一定額を払うことにより、iPhoneライフを保証してくれるので、半額サポートプログラムなどの加入によりキャリアの携帯契約で縛りがあるケースは非常にうれしいサービスです。

それも、apple storeと違い全額を一気に支払うのでなく、携帯料金と一緒に月払いで支払うことができるので、毎月の負担金額は増えますが、一括での負担は大分軽減されます。

iCloudストレージとは

iCloudは、写真やファイル、メモなどのデータをappleが提供するクラウド上にデータを保存します。

機種変更や他のディバイス(MacやiPadなど)でもiPhoneで撮影した写真などを自動で同期されて見ることができます。

もともとappleのサービスとして無料で5Gがついてきますが、写真の撮影や動画の撮影を行っているとあっという間に5Gを消費してしまいたりなくなります。

それが5G無料から0G無料まで拡張されるので、うれしい限りです。

手順

保証対象ディバイスでiCloudにサインインします。その際にご利用のApple IDに対して無料iCloudストレージ50Gが提供されます。

故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージご加入の翌日に通知が届きます。通知に従って、無料iCloudストレージ(50GB)を有効にしてください。

既に有料のiCloudストレージプランをご利用の場合、「設定」→「[ユーザ名]」→ 「iCloud」→「容量」の「ストレージを管理」または「iCloud」→「ストレージプランを変更」から50GBのストレージプランを選択してください。

故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージに加入される前に利用されているiCloudストレージプランによって、開始タイミングが異なります。

詳細はこちら

 
利用プラン 無料iCloudストレージ(50GB)開始時期
無料プランをご利用の場合 無料iCloudストレージ(50GB)を有効にすると、すぐにご利用開始となります。
50GBプランをご利用の場合 無料iCloudストレージ(50GB)を有効にすると、すぐにご利用開始となります。有料でご利用いただいていた50GBプランの月額料金は、日割計算でApple社から払戻されます。
200GBプランまたは2TBプランをご利用の場合 無料iCloudストレージ(50GB)を有効にした後、200GBプランまたは2TBプランの1カ月間が満了してからご利用開始となります。

注意事項

  • 無料iCloudストレージ(50GB)の提供期間は、無料iCloudストレージ(50GB)を有効にしてから4年間です。
  • お客さまのApple IDは日本国内で設定されたアカウントである事が条件となります。
  • 故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージを購入後1年以内に無料iCloudストレージ(50GB)を有効にしないと、ご利用できなくなります。

    1AppleIDにつき1度のみ無料iCloudストレージ(50GB)のお申し込みが可能です。Apple製品を複数台保有され、「故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ」に複数加入されている場合でも、同一のApple IDを使用している場合は台数分無料iCloudストレージ(50GB)が提供されるわけではありません。

  • 48カ月の無料期間が終了すると、お客さまのプランは自動的に更新され、通常の月額料金がApple社から請求されます。お客さまはいつでもiCloudストレージの有料プランをご解約いただけます。

    詳細はこちら

  • 無料iCloudストレージ(50GB)を有効化した後、お客さまはいつでも200Bもしくは2TBのストレージプランにアップグレードしていただけますが、それに応じた通常の月額料金がApple社から請求されます。
  • 一度アップグレードされると、iCloud50GB無料プランは二度とご利用いただけなくなり、通常の月額料金がApple社から請求されますのでご注意ください。
  • 故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudを解約した場合、また、auの回線契約を 解約した場合は、iCloud50GBの月額料金がApple社から請求される場合があります。

まとめ

無料で4年間iCloud50Gが提供されます。発表ではずーっと、と発表していますが、故障紛失 with AppleCare Serviceの保証期間中の4年間を指していると思われます。

今回iPhoneを予約しているので、加入予定です。

加入プランや使い方によっては不要かもしれませんが皆さんも検討してみたらいかがですか?

最新情報をチェックしよう!