[レビュー]WD Blue WD60EZAZ-RT SATA3.0 5400rpm 内蔵3.5インチ 6TB

WD Blue WD60EZAZ-RT

特徴

ディスクトップ向けの内情HDDで今までの製品と大きく違うのはキャシュメモリーが64MBから256MBに大きく容量アップ。Amazonで2019/6/25に購入で6Tで11,843円です。無料でダウンロードできるAcronis True Image WD Editionが使用できます(付属の紙に詳細は書かれていました)。

ベンチマーク

USB3.0の外付ケースを利用してiMacでAPFSでフォーマットしたベンチマークです。

感想

iMacで動画編集をするための作業領域として6TBの3.5インチHDDとして購入しました。動画を編集するために大容量のHDDと言う意味で購入しましたが、容量が必要なければNAS用に使用しようと考えています(NAS用ならREDが基本ですが)。キャシュが256MBに拡張されたせいか他のページでも5400rpmのHDDのわり高速で古いSSDには及ばないもののそれなりに善戦していると評価が高いHDDです。今回のベンチマークはMacなのでHDDのフォーマットの違いも含めWindowsのベンチマークと単純比較はできませんがそれなりのいい結果が出ていると思います。今回は1台の構成ですが、速度が必要な場合はRAID0を組むのも良いと思います。
自宅にあるSyanologyのNASを経由してNASの同期ソフトのDriveで同期させています。同期先に仕事場のNASにDriveで同期できなかった(整合性の観点から当然ですが)ので外部HDDとしてiMacに接続しています。同期はバックグラウンドで進んでいるので大量のデータも気になりませんし、6Tの容量となったらそれなりのデータを入れる事ができるのでしばらくは容量に困る事はないと思います。

最新情報をチェックしよう!