MENU

マイニングとは?マイニングの意味とそのやり方

目次

はじめに

私自身もマイニング問い言葉を2021年始めに知って自分なりに調べたら好きなパソコンを使って収益を出せると言うことを知りました。

たまたま趣味で作った静音パソコンが実はそのまま使用できることを知っていざ使ってみると仮想通貨が少しずつ貯まっていきました。

いくら仮想通貨が貯まっても日本円に換金できないと意味が無いため取引所と契約して日本円に喚起することに成功しました。

そのため規模を拡大してマイニングマシーンを24時間稼働させてマイニングしています。

今回はマイニングとは?マイニングの意味とそのやり方に関して説明していきたいと思います。

マイニングの意味とそのやり方

マイニングとは?マイニングの意味を考えて説明

仮想通貨に関して勉強していくと出てくるのがマイニングやファーミングなどの言葉が出てきます。

どちらも仮想通貨を仕事の代価として手に入れるという意味では同じでマイニングは採掘と言う意味で、採掘というと想像するのが鉱山で鉱石などを採掘するという言葉を想像すると思います。

同じようにファーミングは農業作業です。

どちらも仕事をする事で金品を手に入れると言うことです。

今回はマイニングにフォーカスをおいていきます。

ビットコインのマイニングを例に考えてみると、ビットコインのマイニングとはビットコインの取引データを承認する作業を指します。そしてその作業の報酬としてビットコインが支払われます。つまりこの作業が大量の鉱石の中からわずかな金などを採掘するに似ているためマイニングと言われています。

ただこの作業は専用に機器や大きな電力が必要とされるので、世間一般の私みたいな人が考えるマイニングはプールマイニングと言われる物です。

有名な取引としてはNiceHashが有名で、複数の仮想通貨を採掘するために認証に必要な計算をグラフィックボードなどで行いその能力を貸し出すことにより、マイニングの報酬としてビットコインが支払われます。

NiceHashで効率が良いのが仮想通貨のイーサリアムをマイニングする事です。

ソフトによっては採掘するコインを自分で選べたりする物も有れば、自動で効率が良い仮想通貨を自動で選定してくれるソフトもあります。

このような作業の一連をマイニング作業です。

マイニングのやり方

マイニングには直接仮想通貨を採取する方法とプールマイニングなどの共同で仮想通貨を得るやり方があります。

直接仮想通貨を得るには早く計算(答え)ができた人に報酬として仮想通貨が与えられます。

そのためASICなど高価で非常に大量の電気の消費(最低でも3、000KWくらい)をします。

これを大量に動作させるのは個人のレベルではかなりハードルが高いと言えます。

そのため一般的に行われるのは後者のプールマイニングとなります。

日本で最も人気が高いのはNiceHashです。

私もこの方法でマイニングしています。

マイニングマシンを作成して、NiceHashからマイニングソフトをダウンロードします。

お勧めはNiceHashQuickMinerです。

管理画面で全てのマシーンを一括調整できます。

ここのマシーンの調整が省けるので大夫楽にマイニングできます。

まとめ

鉱山採掘という作業に非常に似ていることから仮想通貨を採掘することをマイニングと広い意味を持っています。

仮想通貨を入手しても実際にそれを使うには日本では日本円に変換しなくてはいけません。

将来的には日本でもビットコインで商品を購入できる時代が来るかもしれませんが、現状ではビットコインを含む仮想通貨で買い物をするのは難しいと言えます。

マイニングに関しても日本ではNiceHashを使用してマイニングしている人が多いいので、NiceHashでマイニングがやりやすいと思います。

公式ホームページは日本語にも対応しているので気軽に始めることができると思います。

NiceHashは日本の仮想通貨取引所みたいに口座開設に身分証明書などは必要なくメールアドレスだけで開設することができます。

あえて言うと、他の取引所に送金するときに2段階認証が必要になるので携帯電話が必需品です。

一端軌道に乗れば一時的なメンテナンスを除き、基本放置になるのでパソコンを含めた機器の準備ができれば気軽にやれるお小遣い稼ぎになると思います。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

昔から機械やパソコンいじりが好きでした。学生時代は趣味として没頭していましたが、段々と時間を取ることが難しくなってきました。でも好きなことは好きと言う事でこのブログを立ち上げました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる