オブジェクトデータを印刷する時に起きた問題点

・はじめに
・オブジェクトフィールドとは
・印刷時に起きた問題点
・問題に対して解決した方法
・まとめ

はじめに

FileMakerはいろいろな形式のデータをデータベース化することが可能です。その中でもオブジェクトデータの保存はPDFや写真ファイル。動画ファイルなどを保存するフィールドとして多様している方は多いいと思います。
オブジェクトフィールドは基本どんなファイルでも格納できますが、FileMaker上で表示させるには制限があります。ビジネス活用ではPDF、写真が多くをしめ、iOSなどのディバイスを使用している場合は動画も多く含まれるでしょう。今回はオブジェクトフィールに格納したフィールドデータを直接印刷したときに起きた問題点に関して報告します。(FileMaker17)

オブジェクトフィールドとは

FileMakerの詳細は公式ホームページにも記載されています。
オブジェクトフィールドとは写真・ムビー・サウンド、Microsoft WordやMicrosoft Excel、PDFなどのドキュメントファイルを保存する場合に使用するフィールドです。
オブジェクトフィールドは、計算式や集計フィールドで参照することができ、オブジェクトフィールド内のデータはデフォルトで埋め込みます。
埋め込みに関してはデータを直接FileMakerの中に保存する形式と、外部に保存する形式があります。外部に保存する場合はそのデータをそのまま保存する方法以外に暗号化して保存する事が可能です。

今回起きた問題点

今回起きた問題点はタッチペン操作式のパソコンに書類をScanSnapを用いて、データを直接FileMakerにPDF形式で保存して、それを印刷したときに起きました。
何が起きたのか?
印刷された字がぼやけてしまい何が書いてあるのか読めない状態でした。私の暗号化された手書き文字よりひどく解読が困難どころか読めません。
ScanSnapの解像度も標準の設定でevernoteでも問題なく読めるのですが直接FileMakerに取り込んでFileMaker上のオブジェクトファイルを読み込むと画面上でも非常に荒いです。
設定をいろいろな組み合わせでやってみましたが結果は同じでした。

問題に対して解決した方法

まず根本的な確認としてデータ自体に問題があるのではと疑いました。オブジェクトフィールのデータを一旦FileMakerでなくディストップ上にエクスポートして確認しました。
結果は非常に綺麗です。FileMaker上の仕様も確認したのですがそのような記載を見つけることが出来ませんでした。
今回使用したPDFデータのほとんどが1ページのみのデータが多かったので、考え方を変えて写真データとしてScanSnapに保存させてオブジェクトフィールドに格納してみてはどうだろうと考えました。
結論は成功しました。
画面上の表示も印刷データも私の達筆にはかなわないかも知れませんが、暗号化されない綺麗な字として読むことが出来ました。

まとめ

データの取り込み形式はどうしても固定観念があり、文章はPDF、写真は画像、、、とどうしても考えてしまうときがあります。今回のケースも発想を変える事で問題が解決する場合があります。
最新情報をチェックしよう!