MacでWindowsを動かすソフト Parallels Disktop

MacでWindowsを動かすソフト Paralles Disktop





・MacでWindows?
・BooptCampとの違い
・おすすめPoint

MacでWindows?

初めてパソコンを購入して、その購入したパソコンがMacだった場合、何でWindowsを動かす必要があるのか疑問を持つかも知れません。プライベートではMacだが、仕事はWindowsやMacで動かないソフトを利用したいと考えている人はMacとWindowsの両方を購入しなくてはいけません。もしMac1台でMacとWindowsの両方を利用できたらわざわざ2台分購入する必要はありません。そのような便利なソフトParallels Disktopを紹介します。

BooptCampとの違い

BootCampは無料で使うことが可能です。Parallels Disktopとの最大の違いはMacとWindowsを切り替える時、BootCampは再起動しなくてはいけません。一方、Prallels Disktopは再起動せずにシームレスに使用できます。BootCampは完全にOSを切り替えるので本体の性能を十分に生かせる点にあります。一方、Prallels DisktopはMacとWindowsを同時利用するために本体の性能に負担が掛かります。さらに外部機器によっては制約を受けやすいです。それではBootCampの方がWindowsをフルで使えて便利かというと、一時的にソフトを起動させるケースでは再起動の時間が取られます。BootCampで大半の外部機器は動作することは出来ますが外部機器も100%動くわけではありません。USBメモリーやプリンターなどの機器であれば問題ありませんが機器に依存する一部のキャプチャーボード関連では難しいことがあります。
Parallels Disktopも事実上2台のOSを1台のパソコンで動かしているためマシンパーワーを必要としますが、現在のパソコンのCPUは大夫進化しているため負担も以前に比べて軽減されています。

おすすめPoint

Parallels DisktopはWindows単体で動かすより動作は遅くなるが、OSを再起動せずに切り替えることが可能でMacとWindows間のデータのやりとりも巻単位出来るのが最大のPointである。
無料トライアルも有りますのでパラレル公式サイトから確認して下さい。
最新情報をチェックしよう!