iPhone11 pro max発表。予約開始は9/13から。何が変わった!

iPhone11 pro 発表

iPhone11 シリーズ発表、発売日と種類は?

日本時間の9/11にアメリカのカルフォニア州でアップルが新型iPhoneを発表した。種類はiPhone11・iPhone11・iPhone11 pro・iPhone11 prp maxの参機種となる。
日本での予約開始は9/13(金)からスタートし販売は9/20(金)からとなる
販売価格はiPhone11が74,800円〜・iPhone11 pro が106,800円〜・iPhone pro maxが119,800円〜となり3シリーズの販売となる。
今回のシリーズからproシリーズの展開となり価格的にも差別化している。

iPhone11 シリーズの特徴は?

今回の特徴の目玉は大きくカメラ機能と言っても過言ではない。
特にiPhome11 pro シリーズはトレンドマークと言って良い3眼カメラである
iPhone11シリーズ共通でカメラ機能に力を入れており夜間での光が少ない状態でも綺麗に撮影できるのがポイントである。以外と夜景撮影で全体が暗くなってしまう事を経験している人は少ないはずである。
今回のiPhone11シリーズはそこに着眼している。
今回のiPhone11シリーズでの3喜寿、iPhone11・iPhone11 pro・iPhone11 pro maxの機種の大まかな違いは、カメラのレンズ、画面サイズ、素材ならびにカラーバリエションと言える。

カメラ

iPhone11ではレンズが超広角と広角の2眼に対してiPhone11 proシリーズでは超広角と広角、望遠と3眼となっている、
望遠レンズが1つ追加されている事による光学ズームの違いとデジタルズームが*5/*10の違いがあるが、それ以外の部分の機能の差はiPhone11とiPhone11 proシリーズでは差が全く見受けられない。
当然、iPhone11にもナイトモードは標準の機能としてしてくる。
逆にカメラのレンズの望遠部分の制のである絞り値とズームの機能にこだわるのであればiPhone11 proは魅力があるかも知れないが、一般的な撮影でどこまで必要かを考えると多くの人に取っては大きな魅力とは感じにくいが、トレンドマークの3眼にこだわるのであれば選択しに入ってくるかも知れない。

画面サイズ

画面サイズはiPhone11 pro(5.8インチ)<iPhone11(6.1インチ)<iPhone11 pro max(6.5インチ)の順に画面サイズは大きくなっていく。
液晶に関してもiPhone11はLiquid Retina HDディスプレイに対してiPhone11 proシリーズはSuper Retina XDRディスプレイと有機ELディスプレイを採用しているのが特徴である。
その素材に伴いiPhone11とiPhone11 proシリーズでは画面の性能に大きな違いがあると言える。

素材並びにカラー

iPhone11はアルミニウムで、カラー展開はブラック、グリーン、イエロー、パープル、レッド、ホワイトの6色展開となっている。
一方、iPhone11 proシリーズはステンレス銅からの削り出しによる強度が高く、カラー展開はお約束のゴールフォ、スペースグレイ、シルバー、ミッドナイトグリーンの4色展開となっている。
最新情報をチェックしよう!