格安スマホの端末保証

毎月のスマホ料金を節約することで人気が高まっている格安スマホ。多くの人が格安スマホへの乗り換えを検討しているようです。ただ、それと同時に心配になるのが、格安スマホの故障時の保証についてだと思います。大手のキャリアであれば、端末保証がついているため、何かあった時でも安心ですが、格安スマホの場合はどうなのでしょうか。

実は格安スマホの場合でも大手キャリアと同じように端末保証が設けられていることが多いです。その保証としては、メーカーの保証と、MVNOの保証の2種類があります。それぞれの違いは、以下の通りです。

メーカー保証:格安スマホの購入から1年以内の自然故障に対応可能。修理代金は0円。

MVNOの保証:メーカー保証よりも、充実した保証サービスを受けたい方が任意で受けられる保証のこと。

ここでは、上記2種類のうちでもMVNOが提供している保証についてご紹介していきます。どのような保証内容になっているのか、また、その保証を利用する上での注意点などについてご紹介していきます。

格安スマホの端末保証ってなに?

格安スマホの端末保証とは、格安スマホを提供している会社であるMVNOのオプションのことを指します。このオプションを付けておくことで、スマホの故障や破損といった万が一のときに、スマホを修理してくれたり、交換してもらったりすることができます。

オプションを付ける料金は、月額500円でさまざまな故障や破損に対応しています。電源がつかなくなった、画面が止まってしまったといったような、スマホを利用していて自然に起こってしまった故障はもちろんのこと、落として画面が割れてしまったり、水に浸って故障してしまったといった利用者の事故による故障でも対応してもらうことができます。

端末保証のオプションをつけておくことで、修理だけではなく交換もしてもらうことができます。実際に交換する場合の流れを以下で解説していきたいと思います。

まずは、使っているスマホが故障したことをMVNOに連絡しましょう。その後、MVNOから代わりの端末を送ってもらいます。送ってもらうまでにかかる日数は最短で当日となっています。すぐに対応してもらえるように、故障時は一秒でも早く連絡することがポイントです。替わりの端末を送ってもらったら、故障してしまった端末を送りましょう。これで故障端末の交換が完了します。

格安SIMの端末保証とは?

格安スマホの端末保証について解説してきましたが、LINEモバイルなどのMVNOでは、格安スマホの端末保証以外にも格安SIM利用者に向けて、持込端末保証というサービスも提供しています。

持込端末保証を利用するメリットは、格安スマホではなくキャリアのスマホに格安SIMを入れている方にあります。もともと利用していた大手キャリアのスマホに格安SIMを挿入した方でも、万が一の故障時や破損時に保証を適用することができるサービスなのです。

大手キャリアのスマホ端末を利用している方や、SIMフリーの端末を利用している方は、持込端末保証のオプションを付けることで、安心して利用していくことができるようになります。

格安スマホの端末を利用する際の注意点とは

万が一のときでも安心して利用することができる、端末保証。ただ、格安スマホの端末保証を利用する上で、注意しておくべきポイントがあるのです。以下で確認しておくようにしてください。

交換端末のカラーや機種が変わってしまうこともある

故障などによって、端末を交換することになった場合、状況によっては、もともと利用していた機種とは異なるものになってしまう可能性があります。色が変わってしまったり、希望の機種にならなかったりすることもあることを覚えておきましょう。

バックアップを取る必要がある

故障してしまった端末のデータに関しては、ご自身で責任を取る必要があります。MVNO側がデータを復元してくれることはないため、自分でバックアップを取っておくようにしましょう。

交換できるのは端末のみ

実際に格安スマホを交換するとなったときに、交換することができるのは端末のみとなっています。付属のケーブルやSDカードなどは交換することができません。忘れがちなポイントとしてはSIMカードをそのまま挿入したまま返却してしまうことです。注意しておくようにしましょう。

端末保証の利用回数

端末保証を利用できる回数は無限にあるわけではありません。1年間に2回まで利用できるといったように回数に制限があります。

加入できるタイミング

端末保証に加入できるのは契約時のタイミングのみとなっています。その後の加入はできないため、心配な方は必ず加入するようにしておいてください。

まとめ

ここまで、格安スマホの端末保証についてご紹介してきました。購入するタイミングでは、必要ないと思っている方でも、いざ故障してしまったときには「入っておけば良かった」と思うものです。オプション料金自体、そこまで高額なものでもないので、故障させない自信がある方以外は、入っておいた方が安心です。

最新情報をチェックしよう!