各携帯会社に今秋からの規制と義務化

携帯電は若年者の章に関する問題点もあげらるが、日常生活になくてはならないものの一つとしてなった。さらに電話の機能の向上に伴い、高機能な機種は本体価格が年々上昇傾向にある。本体価格が10万を超える機種はそう珍しくないのも現状である。
携帯会社を取り巻く競争
つい最近楽天の携帯が参入してきた事により形上、日本の大きな携帯会社は4社となったわけだが、実際に地方の商店街なのでは楽天の携帯電話を扱っているショップはなかなか見かけない。ほぼ皆無かだと思う。あっても少し大型ので電気店での取り扱いになる。
現状での日本の携帯会社はドコモ、ソフトバンク、auの3大会社が主流といっても過言ではない。
世界的に見ると携帯会社が3社の場合は競争が起こりにくく、4社になると競争原理が働き、通信量の値段が下がるなどの事例が多いい。
その為、楽天の参入が今後携帯電話の競争にどのように影響するか状況を見守りたい。当然ながら、3大携帯会社といてはシュアを奪われる事になるので、他者にシュアを奪われない囲い込みのシステムを構築しているのが現状である。

通信量と本体価格のセットでの割引

通信量を分かり難するのがセット割りである。この割引は契約は通信量の縛りに対して通信料が割り引かれるのでなく、携帯電話の本体が割り引かれる。その割引も遅れて割引になるのが特徴で他の携帯会社に変更がしにくい状態である。
割引率が大きく、セット割を使用しないと結果的に高い通信料を支払う事となる。

縛りという名の呪縛

規制により極端な長期の縛りはなくなり2年に落ち着いているががそれでも3年縛りもある。ついこないだまでは歴然と4年縛りまり普通に宣伝されていた。
縛りが終わった時の無料で変更できる期間も非常に短く、うっかりしていると期間があっという間に過ぎてしまうのも事実で、また数年間は縛りが再度始まる。
そして違約金の発生。1万弱の違約金を提示させることにより、携帯の解約を尻込みさせてしまう制度がある。

一時的な割引に見た目上安く見える数字のマジック

携帯会社には期間限定で基本料金の割引が行われており消費者の立場からは月ずきの支払いが非常に安く感じるプランがある。しかし、下と方に小さな字で書かれている注意書きがある。契約後何ヶ月以降は○○円とかになっており、契約期間終了までコストを考えるとどちらが安いのかわからなくなってしまう。
宣伝言葉の大きな見出しには目がいくが、細かい虫眼鏡を使わないと見えないような字でみっちり書かれているところまで注意深く読む人は多いいと言えない。
宣伝の大きな文字があたかもそれが全てに適応されると錯覚してしまうのも事実でまさに数字のまっジックである。

現時点での秋からの規制予定

上記の観点から政府としては問題視ししており、契約の違約金を最大1,000円にするとか、縛りの通信料と通常の通信料の割引価格の差を極力少なくするとか、本体と通信料は分離させるなどの規制案が出ており、ある意味、大手3社は厳しいかじ取りが要求される。

まとめ

今年度10月を目安に携帯電話会社に対する規制の話が上がってきている。
私も今年iPhoneが出る例年9月頃買い換えようか検討している。具体的な規制が始まるのが10月のため、9月前に予約をするより、具体案が確実にまとまって、実行される10月に契約しようか迷っている。ただ、iPhoneは人気機種のため自分お好きな色やモデルを購入しようと考えた場合は予約をするのが一番の近道なため非常に迷うのも事実である。
これからも携帯電話会社に対する規制による話題が出てくるので見守りながら買いかけるタイミングを模索したい。
最新情報をチェックしよう!