[ウイルス対策ソフト]ウイルスバスター 使用した感想

ウイルスバスター 使用した感想



・ウイル対策ソフトとは
・使用した感想
・おすすめPoint

ウイル対策ソフトとは

ウイルス対策ソフトとは、悪意のあるソフトウェアプログラムを検知して防止して、悪意のあるソフトの機能などを解除や削除するためのソフトウェアで、メールやインターネットの接続ま対応するインターネットセキュリティなどの大きく機能拡大されたソフトが存在する。これらの悪意のあるソフトを放置してしまうと、データの記録、破損、削除、個人情報のデータの抜き取り、データを人質とした脅迫まで起きてくるだけでなく、ネットワークを使って他のコンピュータへの感染などの拡大を引き起こす。また感染したコンピュータを踏み台としてたのコンピュータに不正アクセス流など踏み台として使用されてしまう事がある。近年はOS自体の脆弱が歌人が早いが、Windows98の時代なんかはネットワーク接続して数秒で感染してしまうOSのワトソン?を攻撃するウイルスまで存在し、私自身もパソコンを再インストールしてネットワークに接続した段階で感染経験もある。
現在はこのような感染は私自身耳にしたことはないが、感染経路も多様化しているため、メールしかしないから、インターネットしか見ないから変なアプリは使用しないからという考え方で、ウイルス対策ソフトは必要ないと言い切れる状態ではないのも事実です。私の環境はMacが中心ですが、Macはウイルに感染しないと言う話もありますが、現時点でも多数のウイルは確認されています。このような外部の脅威に対策してくれるにがウイル対策そうとであり、つい最近横行しているブラウジングプラグインを使用する事にフィッシング詐欺にも対応しているソフトも多くなってきたので自分自身を守る意味でもウイルス対策ソフトはパソコンに入れておく方が無難と言える。

使用した感想

ウイルスバスターは正直動作も軽い。動いていることを感じさせない使い心地である。少し難点を言うとMacで使用してTime Machineのバックアップが始まる前にがウブドライブを認識してしまうために、新しいドライブが検出されましたと警告が毎回、画面に出るのが少し気になるが、インターネットを観覧していて、ページの安全性の検証も事前に行ってくれるため、クリックしていいの事前にわかり安心感もある。間違ってクリックしてしてしまっても、画面全面に警告が現れるため非常に安心感がある。これは私の主観かもしれないが、ウイルス対策ソフトによる正常なソフトを誤認識する印象は全くない。結構フリーのソフトでは割と誤認識を感じるが、さすがに有料のソフトを使用するとこの辺が解消されるのも嬉しい。ウイルス対策ソフトを入れるためにパソコンを買ったのではないので、ウイルス対策ソフトでパソコンのスッペクの大半を持っていかれるのは本意ではない。そう言う意味を含めて、このウイルバスターは私自身としてはおすすめです。

おすすめPoint

一言で言うと、軽くて動いている事自体気にならないウイルス対策ソフトです。ウイルス対策ソフトメーカーとしても有名ですので、安心感もあります。私自身もパソコンは再インストールする際はすぐにインストールしたいと言う気が強いので体験版のモードでインストールして、落ち着いたらライセンスコードを入力しています。体験版でとりあえずインストールして気に入ったらライセンスコードを購入するのもいいと思います。期間限定でキャンペーンを行なっている場合がありますのでダウンロード3年版ならで2ヵ月無料延長キャンペーン中!を利用するも手だと思います。
最新情報をチェックしよう!